タスク管理はフリーランスの必須スキル!

フリーランスのタスク管理術

フリーランスはいわばひとり親方。手柄はもちろん、失敗もすべて自分ひとりで抱えることになります。そのため、「いかに効率よく動き生産性をあげるか」はフリーランスにとって最重要事項と言っても過言ではありません。そこで身につけたいのが「タスク管理スキル」です。手帳やアプリなど、さまざまなタスク管理ツールの中から、自分の使いやすいツールを見つけて、徹底的に使いこなしましょう。

  • フリーランスという仕事

    フリーランスという仕事

    フリーランスとは、個人で仕事を請け負う事業主のことです。会社員をしながらフリーランスの仕事を副業で行っている人もいるなど、働き方の自由度をより高めつつ稼げる方法としても注目されています。Webライターやエンジニア、WebデザイナーやイラストレーターなどのIT系技術職は、フリーランスとして活動している人が多い職種です。ミスの責任は全て自分にかかってくるなどリスクもある働き方ですが、タスク管理を徹底することによって多くのミスは防げます。

  • ミスを減らすためにはタスク管理が重要

    ミスを減らすためにはタスク管理が重要

    仕事のタスク管理を上手にこなすコツは、英語の5W1Hの中の何を、いつ、なぜ、どこ、どのようにという5つの要素を意識したタスク作りです。手帳に自分でスケジュールを書き込むと、全体のイメージがつかめます。タスク管理専門のツールを導入すれば、タスクの優先順位や進捗管理が楽にできるようになります。自分にとってどのような方法が合っているのかを知るためにも、いくつかの方法を実際に試してみることをおすすめします。

  • タスク管理を身につけたら次は仕事探し

    タスク管理を身につけたら次は仕事探し

    営業はフリーランスの仕事探しの基本とされていますが、実際は紹介によって案件を受注している人が多いものです。自分で新規の顧客を開拓する場合は、クラウドソーシングがよく使われます。クラウドソーシングは在宅の単発案件を受注したい人におすすめです。営業に抵抗があるならば、フリーランスに特化したエージェントに相談してみましょう。エージェントなら営業も交渉も全て代行してくれる上に、フリーランスの仕事をさまざまな側面からサポートしてくれます。

チョイス

  • 手帳を上手に使うテクニック
  • 小さなミスもすべて自分の責任
  • フリーランスの主な職種を紹介