どんな探し方が最適?フリーランスの仕事

フリーランスの仕事の探し方

フリーランスの仕事の探し方

フリーランスの仕事の探し方

自分の性格や仕事の進め方に合うタスク管理の方法がわかったら、次はフリーランスの仕事探しです。主な方法としては、「自分で営業する」「クラウドソーシングを利用する」「フリーランス専門のエージェントを利用する」の3つです。

自分で営業をする

フリーランスの仕事探しのベースは営業です。ただし、企業の営業担当者のように新規顧客のもとへと飛び込み営業するフリーランスは少なく、顧客や同業者、友人、知人からの紹介で事業が成り立っていることがほとんどというのが実情です。営業に出かけない代わりにブログやホームページ、SNSなどのツールで情報を発信し、顧客からの問い合わせをきっかけに案件を受注するケースも増えているなど、昔にはなかった営業手法で着実にステップアップするフリーランスがたくさんいます。フリーランスがチームを作って大きな案件を受注するという、現代ならではの受注方式も浸透しつつあります。多くのフリーランスは、同業者や顧客が集まるセミナーやイベントに参加し、独立前に人脈を構築しています。

クラウドソーシングを利用する

仕事を依頼したい人と受注したいフリーランスをつなげるサービスとして近年急成長を遂げているのが、クラウドソーシングというマッチングサービスです。PCとインターネット環境さえあればどこでも案件が受注できるとあって、多くのフリーランスが活用しています。在宅の単発案件が数多く募集されており、新しいことにチャレンジしたい人や実績を増やしたい人などに最適です。クラウドソーシングは単価が低いとよく言われますが、他のフリーランスとの提案競争や単価交渉などを通して学べることがたくさんありますし、コツコツと実績を積み上げていけば高単価の案件を受注できる場合もあります。

フリーランス専門のエージェントを利用する

自分で営業することに抵抗がある人や、営業に多くの時間をかけたくない人におすすめなのが、フリーランス専門のエージェント活用です。そのようなエージェントに会員登録をすると、営業や交渉を代行してくれるコンサルタントが担当者としてサポートについてくれます。市場の動向を熟知した担当者が最新の情報を提供してくれるので、フリーランスは受注した仕事のみに集中できます。必要なスキルを持ったフリーランスを探す手間が削減できることからエージェントを活用している企業も多く、効率的に案件を探すことができます。また、一般に公開されていないような希少案件や好条件の案件の多くもエージェントが保有しています。エージェントを活用すれば営業の時間が一切必要なくなり、時間をより生産性の高いことに振り分けられるようにもなります。

チョイス

  • 手帳を上手に使うテクニック
  • 小さなミスもすべて自分の責任
  • フリーランスの主な職種を紹介