どのようなもの?フリーランスの仕事

フリーランスという仕事

フリーランスという仕事

働き方が多様化するにつれ、社会から注目を集めるようになった新しい働き方がフリーランスです。近年のフリーランスは完全な自営業でもなく自由人でもなく、会社員と兼業で仕事をしている人も少なくありません。フリーランスに多い職種としては、Webライターやエンジニア、Webデザイナー、イラストレーターなどがあります。自分の裁量で自由に仕事ができるというメリットがある反面、タスク管理をはじめとする全てが自己責任になるという厳しい側面もあります。

フリーランスという仕事の記事一覧

  • 新しい働き方として注目されているフリーランス

    新しい働き方として注目されているフリーランス

    近年新しい働き方として注目を集めているフリーランスは、あらゆる面で自由に働けるというメリットがある反面、自由の使い方によっては生活が成り立たなくなるというデメリットもあります。デメリットの影響をできるだけ少なくするためには、専門的なスキルだけでなくタスク管理のスキルも磨き続ける必要があります。タスク管理がしっかりとできるなら、仕事とプライベートをバランス良く両立できるようになり、満足度も高くなります。

  • フリーランスの主な職種を紹介

    フリーランスの主な職種を紹介

    フリーランスに多い職種として、Webライター、エンジニア、Webデザイナー、イラストレーターをご紹介します。年収平均は200万円から600万円と幅広く、専門スキルや実績、タスク管理のやり方などによって同じ職種でも得られる収入の額は大きく異なります。4つの職種に共通しているのは、Web系のジャンルに仕事が多いことです。顧客に提示する実績をポートフォリオとして用意しておくと、営業や交渉がスムーズです。

  • 小さなミスもすべて自分の責任

    小さなミスもすべて自分の責任

    フリーランスになると、仕事にかかわる全てにおいての責任を負わなければならなくなります。些細なミスが致命的なミスへと発展する可能性も高く、仕事を丸ごと失うことにもなりかねません。多くの場合、確認をしっかり行う習慣があるだけでミスは防げます。ミスがあまりにも多いようならば、メモを取ってこまめに確認する習慣をつけるところからやり直すべきです。疲れが慢性化しているなら、疲れを取ってからにしたほうが早い場合もあります。

チョイス

  • 手帳を上手に使うテクニック
  • 小さなミスもすべて自分の責任
  • フリーランスの主な職種を紹介